admin

子供達といった夜桜を見に!

 勤務がおわり、究極でサパーの買い物を通じて住宅に帰ったら、子供達から「夜桜見に行こう!」といったお誘いが。急に言われても…といった最初は困ったのですが、子供達も成長してしまったら親は行かなくなるだろうし、誘われる一つが花だと見なしいくケースにしました。  男は勤務が終わらないので僕って子供達だけでいくケースに、近くの公園に露店も出ているので歩いて向かいました。 公園までのあらましにも桜の木がたくさんあって、街頭に照らされた桜が結構エレガント。立ち止まってムービーを撮ったりしながらゆっくりと歩きました。  公園にたどり着くと思ったよりも奴がいっぱい、四方なので近くにも満杯会いました。断然桜のご時世は少ないのでみんな満喫したいんですね。故郷なので夜にこれ程奴といった逢うのも物珍しいだ。  けっきょくサパーは買い物をしただけで作らなかったので、露店で焼きそばと焼き鳥ってフライというビールを買いました。桜を見ながら食べるといつもより上手く感じます。子供達はかえって露店の方がお目当てだったんだろうと思いますが、いちおう桜も見ながら楽しそうに食べていました。 お腹も満たされたので、公園のおもちゃでちょっとだけ遊んでから家に帰りました。  今日はだいぶ楽しい一日になりました。来季もまた誘ってくれたらいいな。

昭和が思い出深い!

第2後者戦後、驚くべきスピードで復旧した和風…。高度環境進展の一方で、公害や風土壊滅などの苦しみも多かった時期ですが、コンペティションの悲惨さを知っている自身がたくさんいたからでしょうか、日々の当たり前のライフサイクルの中に幸せを感じられた時代のような気がします。「惜しい」「嬉しい」「ウィン・ウィン」「お世話になる」あんな見方が今は希薄になっているように思えてなりません。 NHKの朝ドラ「初心者」を見ていると、昭和の善良な大衆の持っていた道徳心が伝わってきて、ついつい泣けてしまいます。損得抜きで他者を思いやる情緒が胸にしみます。決して裕福なライフサイクルではないけれど、優しい情にあふれた中で育ったヒロインのあからさまで健気な品行を見ていると、講習というもののあるべき姿を感じてしまう。ひと度、身近なアダルトがモデルとなることが大切なんですよねぇ。 各国を良くするために勤めるはずの政治住まいの品行にもしょんぼりできるばかりです。 国会生を見ていると、仲間を攻撃する悪意ばかりが感じられます。これが小学生の学級会なら、「ずっとみんなで仲良く協力できないの!」ってドクターに一喝なるところではないでしょうか。寝ている自身や野次を抜かす自身もいるし、学級崩壊状勢かもしれませんね。 昭和には、更にすさまじさや痛烈会員性を有する政治住まいがいたように思います。 昔は良かった…としてしまうのはクラスを取った論拠なのでしょうね…。「昭和は遠くなりにけり」だ。

ずっと人の役に立てるように頑張りたい

最近は、仕事ばかりの通常だけど面白く過ごせておる。でも、細い非はやるし周囲の人達に負い目も同時に抱える。申し訳無さを感じるけど、周囲の人達に恵まれているなと個人的には感じます。色んな人達に再びお世話になっていたんだな、今までを振り返ってそう感じます。感激の内心を以て、何事も前向きに取り組めて掛かるような気がします。それでも、依然として自分が何かを通して人の役に立っているとは思えない内心も同時に感じます。まったく、とれることは多いと思うので自ら統括に気をつけながらやっていきたいなと思います。色んな徳義心有する人たちが多いので耐え難いなと思えることもありますが、人情を知識しようと始める立場だけは一貫してやっていけたらなと思います。共に頑張っているとは決して思わないように全力で目の前の出来事に取り組んでいきたいと思います。後は、周囲の人達に出来るだけご迷惑がかからないようにしていけたらなとおもう次第です。 自分の好きな言葉です「依然として」というワードを言い続けたいので、このまま駆け抜けきって吊り上げるつもりで人の役に立ちたいと思います。まったく、勉学欠損なところが多いので色んな経験を通して行く中で勉強していきたいと思います。

思い起こした様に訪れてみた隣県の動物園

撮影の期待を失ってから約5年代、徹頭徹尾赴きそびれてしまっていた隣県の大き目生物園。 風土が濃い森林地帯という事もあってヤバイ清々しく、また飼育・展示されて要る生物の種類がヤバイ広範囲に富んでいる事から、リラクゼーションパートとしてもヤバイお宝だったのですが、5年代前に経済的な理由でカメラを手放してからは期待を徐々に失い、足が遠のいてしまっていたのです。飼育されている生物の中でも花品種で、私も特に好みだったのはネコ科の生物。別にサーバルを始めとした割り方小型のヤマネコの洗練された出で立ちが好きで、被写体としても好んで撮影していたものですが、歩きが遠のき早5年代、近年どうなっているのか急に気になり、久々にまわる事にしたのです。 哺乳類の中ではさほど短命で、代替わりも頻繁に行われがちなネコ科ですからちょっぴり気にはなっていたものの、久々に訪れてみるともちろん、5匹のうち半分以外が若い個体に代替わりしてしまい、古く元気な姿を見せていたプロフェショナル陣の出で立ちは残念ながら無くなっていたのです。 これも時流ですから仕方の無い事として、他の品種も少々壮健の個体が多く少し安心したのも実質。入れ替わりが低い大き目爬虫類や長寿の鳥類は大いに加減が変わっていない個体も数多く、驚かされた存在。 いずれにせよ、今後は写真目的ではなく、ふとした憂さ晴らし目的で定期的に訪れてみようかと思っています。