錦織圭の才能に惚れたコーチたち 【圭スマッシュ】

nishikori kei

日本を代表するテニスプレーヤーである錦織圭。彼はもちろん才能にあふれた選手ですが、彼一人のちからで瀬圭に通用する選手になったわけではありません。もちろん彼の努力によって才能が開花されたのは言うまでもないですが、彼の能力が飛躍的に高まったのがよい指導者と出会ったことである事もまた事実です。今回はそんな錦織圭の生い立ちや出会ってきたコーチ等について解説を行います。

錦織圭選手の家族構成

錦織の両親は地元のテニスサークルで知り合って結婚した両親と姉との4人家族です。

そして1989年12月29日、島根県松江市に生まれました。名前の由来は海外でも呼びやすいように世界に羽ばたけるようにと「ケイ」という名前にしたようです。

テニスとの出会い

両親ともにテニスが好きであったため、家族4人でテニスをしたいという両親の希望により錦織が5歳のころ、父親の社員旅行の時に子供用のテニスラケットを与えられたのがきっかけでテニスに出会います。

テニスは家族のきずなとのちに錦織圭も言うように毎週日曜日は家族でテニスを行いそれ以外の日も壁打ちを行うなどテニスにドンドンはまっていきました。

最初のコーチとの出会い

テニスを始めて約1年がたったころ、松江市にある「グリーンテニススクール」に入ります。そこはテニスだけではなく、ピアノや英会話、プールやサッカーなど様々な習い事を行えるスクールとなっています。その中で色々と経験した中で錦織がハマったのが「サッカー」と「テニス」でした。サッカーはMFのポジションで活躍したといわれています。

その時にテニスのコーチをしていたのが柏井正樹さんでした。その後錦織は中学の1年生になるまでの約8年間を柏井コーチの指導のもと才能を開花させていきます。

柏井コーチは錦織の事をこう語っています。

「まだ体も小さく、体力もなかったが、『もう少し長く』『ちょっと高く』『もっと低く』などと、ボールの軌道に対して指示を出すと、すぐにそのとおりの表現ができた。ボールコントロールが抜群でこれはすごいな、と」

「ボールコントロールは100人に1人でゲームセンスも100人に1人。2つ合わせて1万人に1人の天才だった」

2人目のコーチ

柏井コーチのもとで実力をつけていった結果小学4年生の時に中国地方の代表として全国小学校テニス選手権大会に出場したり、小学6年生の時は全国大会3冠を達成しています。

そんな活躍をしていたところ松岡修造の目にとまり、「修造チャレンジトップジュニアキャンプ」に招待されます。そこで錦織は松岡修三に時術面やメンタル面、プロとしての方向性等の指南を受けることとなります。

後に松岡修造はこう語っています

「今までの日本選手にはいない。テニスの才能は抜きん出ていた。」

「あのフェデラーに似た感覚を持っている圭の才能に魅了された。」

「圭にテニスを教えることができない。圭のテニスは、僕ではわからない次元。」

特に松岡修造は錦織のメンタルや表現面について指導を行っており

2度目となる修造チャレンジではテレビの密着があるなかで身長差が30cmもある年上の選手と対戦させ、勝利することで自信をつけることに成功する。

プロ転向後の専属コーチ選び

2007年の17歳の時に錦織はプロ転向を発表する、翌2008年2月にはデルレイビーチ国際選手権にてATPツアー初優勝。8月の全米オープンでは日本男子シングルとして71年ぶりのベスト16進出を達成し、同年のATPワールドツアー最優秀新人賞を獲得した。

その後の2010年に、さらなる上位ランカーを目指すために専属のコーチを探し出します。そこで出会ったのが、ダンテ・ボッティーニとマイケル・チャンだ。

それぞれのコーチも元々はプロテニスプレーヤーで指導者でも数々の実績を積んでおり、錦織との信頼関係も深い。

ダンテ・ボッティーニがコーチに就任した後の2011年1月時点で98位だった錦織のATPランキングが、シーズン終了後には24位までジャンプアップを果たしている。

また、マイケル・チャンは2013年より専属コーチとして錦織を支え、錦織と同様、体格には恵まれなかったが、強じんなフットワークとクレバーなプレー、そして最後の最後まであきらめない強力なメンタリティーを武器に世界トップレベルで躍動しいる選手であったため、錦織のプレースタイルとの親和性が高く、世界のテニスランキングで最高4位の順位まで登っている。

また、マイケル・チャンは西におりに対してこう語っている。

「個人的には、彼が世界で4位や5位になることは素晴らしいと思う。でも、私はそれだけでは満足しない。もし彼にこれ以上の改善点がないというのであれば、この順位でも誇りに思うでしょう。でも、その才能を見ればまだ進歩の余地がある。だから、最高順位が4位では不十分だと思っています」

2017年からケガに悩まされ、思うような活躍ができない状況ではあるが、

2019年の11月に新たにマックス・ミルヌイを迎え入れ、新しい境地を目指しています。

Leave a Reply