練習景気のズレ

木村拓哉という工藤静香の赤ん坊が東京名門個人高校生に入学したという連絡を得ました。昔からピアノ、フルートを習い相当な手の内であり、又中学校まで国際アカデミーに通っていた結果言葉もお過ごしとのことでした。交響楽団の師範からフルートの自身トレーニングも受けており、高校生は楽曲教育に優れたゼミナールを選んだようです。

わたしは才色兼備といった賞賛するその文字を読んで当然本人の奮闘もあるけれど教育時局の魅了が大きいと感じました。工藤静香は赤ん坊に関し中位と同じ環境に身を置いて一所懸命行ない普通の感想とお決まりをと願っているとのことですがもう幼子年代から中位と同じ時局ではないと思いました。同等の恵まれた教育時局を幼子に受け取るほどのお金持ちは少数だと思います。そうしてこういう教育時局の食い違いが丸々その後の将来を左右してしまうのだと思います。

やはり我が家の子供達にはそんな時局を与えたくても与えられず、限られた環境の中で頑張っています。そういった子供達ばっかりだ。ただ社会に出た事例、恵まれた時局で育ったゆえに働きを身につけてきたヒトと共にやっていかなければならないのは大変なと思いました。食い違いに負けず生きていってほしいと思いました。

Leave a Reply